「東日本大震災の記録をのこす意志、つたえる努力」国立国会図書館で東日本大震災アーカイブ公開記念シンポジウム開催

 

130326pamph.jpg

 

国立国会図書館では、20133月上旬に東日本大震災アーカイブを正式公開する予定です。公開を記念して下記の通りシンポジウムが開催されます。定員は先着順で、東京本館が250名、関西館が60名です。参加費は無料。シンポジウムの様子は当日インターネット中継もされます。

 

タイトル: 「東日本大震災の記録をのこす意志、つたえる努力」

日 時: 2013 326() 14:00 17:00 (1330開場)

会 場: 国立国会図書館 東京本館 新館 講堂

      (東京都千代田区永田町1-10-1

      国立国会図書館 関西館 1階第一研修室

      (京都府相楽郡精華町精華台8-1-3

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■基調講演

記憶の刻印と風化 山折哲雄氏(宗教学者)

 

■東日本大震災アーカイブの紹介

高橋文昭(総務省情報流通行政局情報流通振興課長)

河合美穂(国立国会図書館電子情報部電子情報サービス課次世代システム開発研究室長)

 

■記録収集・保存等の事例報告

被災地とともに、被災者に寄り添い、支援を続けるために

青竹豊氏(日本生活協同組合連合会渉外広報本部本部長/執行役員)

 

■国際協力NGOの東日本大震災支援~記録の重要性と私たちの取組み~

田島誠氏(国際協力NGOセンター震災タスクフォース チーフコーディネーター)

 

■新潟県長岡市における東日本大震災避難所資料の収集・保存

田中洋史氏(長岡市立中央図書館文書資料室)

 

■パネルディスカッション

東日本大震災の記録をのこす意志、つたえる努力

 

津田大介氏(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト) ※コーディネーター

天野和彦氏(福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任准教授)

稲垣文彦氏((社)中越防災安全推進機構復興デザインセンターセンター長)

稲葉洋子氏(帝塚山大学非常勤講師/前神戸大学附属図書館情報管理課長)

柴山明寛氏(東北大学災害科学国際研究所准教授)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お申込み詳細は:

http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/archive-sympo.html

(文責 神谷)

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「東日本大震災の記録をのこす意志、つたえる努力」国立国会図書館で東日本大震災アーカイブ公開記念シンポジウム開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/519

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事