「博物館資料はなぜ救済されなければならないのか?-東日本大震災の教訓-」シンポジウムを千葉県立中央博物館にて開催

index130208.jpg

 

下記の通り開催されます。入場無料、定員200名、当日先着順です。

 

日時: 2013228日(木)13:0016:00(受付12:30~)

会場: 千葉県立中央博物館 講堂

主催: 千葉県文化遺産継承実行委員会、千葉県教育委員会、千葉県博物館協会地域振興委員会

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

講演1「震災における博物館の被害と復旧の現状 被災現場の事例」

      (岩手県陸前高田市立博物館 主任学芸員 熊谷 賢)

講演2「博物館資料を救済する体制づくり、現状と課題」

           (岩手県立博物館 学芸部長 大石 雅之)

講演3「資料救済について、福島で今何が問題となてっているのか」

           (福島県立博物館 学芸員 竹谷 陽二郎)

総合討論「博物館資料救済の合意形成にむけて」 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千葉の県立博物館 公開シンポジウム開催のお知らせ:

http://www2.chiba-muse.or.jp/index.php?page_id=781

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「博物館資料はなぜ救済されなければならないのか?-東日本大震災の教訓-」シンポジウムを千葉県立中央博物館にて開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/518

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事