筑波大学 知的コミュニティ基盤研究センター シンポジウム 大災害における文化遺産の救出と記憶・記録の継承―地域コミュニティの再生のために―

article130117.jpg

 

茨城県や福島県等の被災地で文化遺産の救出・保全や地域コミュニティの記録・記憶の継承に取り組んでいる大学関係者および博物館の学芸員の方々による活動の現状と課題についての報告会です。定員150名、参加費無料です。

 

日時: 201332日(土) 13001700

会場: 筑波大学春日エリア 情報メディアユニオン1階 情報メディアユニオン講義室

 

内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  

  1230 開場

  1300 開会

  1305 趣旨説明(筑波大学図書館情報メディア系准教授 白井哲哉)

  1310 第1部:被災文化遺産の救出・保全・修復

   高橋 修「大震災の被災地で文化遺産を救済・保全する

   ―茨城史料ネットの活動から―」

   (茨城大学人文学部教授、茨城文化財・歴史資料救済・保存ネットワーク準備会)

   木塚久仁子「資料保存と地域博物館の現場」

   (土浦市立博物館学芸員)

   松井敏也「東日本大震災における被災文化財への対応と今後の課題」

   (筑波大学芸術系准教授)

  1445 休憩

  1500 第2部:記憶・記録の継承と地域コミュニティ

   吉野高光「福島県双葉町における被災文化遺産救出・保全の現状と課題」

   (福島県双葉郡双葉町教育委員会学芸員)

   安藤邦廣「北条の歴史的町並みの竜巻被害と復興まちづくりの課題」

   (筑波大学芸術系教授)

  1605 休憩

  1610 総合討論(司会:同前 白井哲哉)

  1700 閉会

  1715 会場撤収

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

筑波大学附属図書館情報学図書館との連携で、情報メディアユニオン1階 メディアミュージアムにおいて、ミニ企画展「東日本大震災の地域資料」を開催。

 

お申込み詳細は日本アーカイブズ学会のページから:

http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=121

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 筑波大学 知的コミュニティ基盤研究センター シンポジウム 大災害における文化遺産の救出と記憶・記録の継承―地域コミュニティの再生のために―

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/506

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事