『国立公文書館・アジア歴史資料センターにおけるデジタルアーカイブの現在と未来』全史料協関東部会第270回定例研究会

 

kantobukai130122.jpg

 

アジア歴史資料センターと国立公文書館が取り組んできたデジタルアーカイブの事業の成果やデジタルデータの保存・公開上の技術的な課題やノウハウなどを紹介いたします。同時に館内見学と東日本大震災における被災公文書の修復事業の見学会も行われます。参加費は300円、お申込み締め切りは23日(日)です。研究会終了後に会場周辺で情報交換会(任意参加、費用別途)が開かれます。

 

 

日時: 2013218日(月) 13301700(13:00~受付)

会場: 国立公文書館(東京都千代田区北の丸公園3-2

テーマ: 『国立公文書館・アジア歴史資料センターにおけるデジタルアーカイブの現在と未来』

 

内容: 趣旨説明 関東部会運営委員 福嶋紀子

     【第一部】「アジア歴史資料センターと国立公文書館デジタルアーカイブについて」

     報告1「アジア歴史資料センターにおけるデジタル資料公開事業について」

         研究員 平野宗明

     報告2「国立公文書館デジタルアーカイブについて」

         電子情報第一係長 八日市谷哲生

     【第2部】国立公文書館見学

 

お申込み、お問い合わせは:

①氏名、②会員区分(機関、個人、会員、非会員)③参加の意向(研究会のみ、研究会・情報交換会の両方)④所属機関名、⑤所属機関の所在地又は連絡先(〒、住所、TEL、FAX)

以上を記載の上FAXか電子メールで下記へご連絡ください。

 

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会関東部会事務局(戸田市立郷土博物館 吉田氏・香林氏)

335-0021 埼玉県戸田市大字新曽1707 TEL 048-443-5600 FAX 048-442-8988

E-mail  hakubutucity.toda.saitama.jp (@は半角に)

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 『国立公文書館・アジア歴史資料センターにおけるデジタルアーカイブの現在と未来』全史料協関東部会第270回定例研究会

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/511

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事