「なぜ写真フィルムの保存を急ぐ必要があるのか?」日本写真保存センターが第一回セミナーを開催

index121217.jpg

 

公益財団法人日本写真家協会が運営する「日本写真保存センター」が下記の通りセミナーを開きます。定員80名(申込先着順)、参加費無料、申込期限は2013123日(水)です。

 

日時: 2013125日(金)140017001330受付)

会場: 日本カメラ財団(東京都千代田区一番町25 JCIIビル)

テーマ: 「フィルム保存の必要性」

      金子隆一(東京都写真美術館専門調査員)

      「写真保存センターの活動と現況」

      松本徳彦(日本写真家協会専務理事)

      「フィルムの劣化はなぜ起こる。その対策は・・・」

      佐野千恵(東京文化財研究所保存修復科学センター室長)

 

お申し込みは日本写真家協会事務局までFAXまたはE-mailにて。

①氏名、②E-mail、③連絡先住所、④TEL、FAX、⑤職業/所属団体/勤務先/学校名を記入。

FAX: 03-3265-7460

E-mail: infojps.gr.jp (@は半角に)

参加申込書(pdf 508KB): mousikomisho121217.pdf 

 

詳細は近日中に日本写真家協会のサイトにアップされます。

日本写真家協会:

http://www.jps.gr.jp/

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「なぜ写真フィルムの保存を急ぐ必要があるのか?」日本写真保存センターが第一回セミナーを開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/495

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事