メトロポリタン史学会が「災害と歴史資料―現状と課題を考える―」をテーマにシンポジウム開催

20121117.jpg

 

メトロポリタン史学会 第七回秋季シンポジウムが下記の通り開催されます。

 

日時: 20121117日(土) 13001700

会場: 首都大学東京 南大沢キャンパス本部棟1階・大会議室

(京王相模原線南大沢駅下車徒歩約10分)

テーマ: 「災害と歴史資料―現状と課題を考える―」

〔報告者〕

.「大震災と地域歴史遺産―災害に強い豊かな地域歴史文化をめざして―」

奥村 弘氏(神戸大学日本近代史)

2.「原子力災害と歴史資料」 

本間 宏氏(福島県歴史資料館考古学)

 

詳細は:

http://www.geocities.jp/metropolitanshigaku/20121117.htm

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: メトロポリタン史学会が「災害と歴史資料―現状と課題を考える―」をテーマにシンポジウム開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/482

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事