『別冊Muse 2012』を帝国データバンク史料館が発行。サブタイトルは「-企業と史料- 史料の収集、保管そして利活用の現状と課題」。

muse.jpg

 

本書は企業が史料を収集・保存・活用することの意義について、インタビューや寄稿、座談会などで構成されています。昨年行われた協働プロジェクト「新"百歳"企業13,000社実態調査」など盛りだくさんの内容です。

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

巻頭インタビュー  作家・東京都副知事 猪瀬直樹

  「企業にとって、社会にとって"記録""資料"の価値とは何か」

協働プロジェクト

  「新"百歳"企業13,000社実態調査」

特別論稿

 「良い社史、悪い社史」 大阪大学名誉教授  宮本又郎

 「企業アーカイブへの期待-歴史的資料で組織を支える-」  

麗澤大学大学院教授 佐藤政則

 「資料保存の考え方と取り組み方」  

企業史料協議会副会長・学習院大学大学院非常勤講師 安江明夫

現場報告

 「『花王120年』、編纂から完成まで」  

花王株式会社 花王ミュージアム・資料室前室長 上田和夫

 「東芝科学館、50年の歴史とアーカイブ」 

株式会社東芝 東芝科学館副館長 河本信雄

Talk Session 白熱メッセージ

 「アーカイブズを社会の力・・・とするために」  

   公益財団法人渋沢栄一記念財団実業史研究情報センター 松崎裕子

   江東区区政資料室・公文書等専門員 森本祥子

   公益財団法人たばこと塩の博物館 学芸員 鎮目良文

   学習院大学大学院アーカイブズ学専攻 博士後期課程在籍 学芸員 中臺綾子

Muse  Special  Guest  

明治大学名誉教授・公益財団法人三井文庫 常務理事・文庫長 由井常彦

  「経営史研究の開拓者、その素顔に迫る」

逸品解題

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『別冊Muse 2012

発行日: 201211月刊行

発行所: 帝国データバンク史料館

判型: B5判 112頁 

 

入手ご希望の方は帝国データバンク史料館まで:

http://www.tdb-muse.jp/info/2012/10/muse2012.html

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 『別冊Muse 2012』を帝国データバンク史料館が発行。サブタイトルは「-企業と史料- 史料の収集、保管そして利活用の現状と課題」。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/480

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事