NHK朝の連ドラ「梅ちゃん先生」のモデルになった東邦大学がアーカイブズの実践報告会を開催

index121030.jpg

 

東邦大学は、2010年に学園史の展示施設「額田記念東邦大学資料室」オープン。同大学の前身は帝国女子医専で、東邦大学アーカイブズがNHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」に資料提供したそうです。資料室の開設やドラマ放映に合わせた企画展の立ち上げなどについてスタッフの方々がお話されます。資料室と医学部本館の見学会も行われます。参加費は無料です。(文責 神谷)

 

テーマ: 「東邦大学アーカイブズの実践報告」

額田記念東邦大学資料室の歩み

~広報・連携拠点としての歴史資料活用~

日 時: 20121121() 140016:00

場 所:東邦大学 大森キャンパス 医学部本館 3階 第3セミナー室

 

内 容:

[1]講演

「学園歴史資料室を立ち上げる

~地下倉庫発掘から「梅ちゃん先生」特需まで~」

学校法人東邦大学 法人本部 経営企画部

小関有希(おぜき・ゆうき)

 

コメント1

「資料室の意義─地域振興の立場から」

一般社団法人大田観光協会 小関(こせき)みどり

 

コメント2

「展示立ち上げのサポートを通じて学んだこと」

出版文化社 シニアアーキビスト 中川洋

 

[2]見学会

額田記念東邦大学資料室と東邦大学医学部本館

 

お申込み詳細は出版文化社のページから:

https://ssl42.heteml.jp/shuppanbunka/archivesupport/archiveseminar20121121/index.html

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: NHK朝の連ドラ「梅ちゃん先生」のモデルになった東邦大学がアーカイブズの実践報告会を開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/474

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事