細野不二彦作の漫画「ギャラリーフェイク 特別編」(週刊ビッグコミックスピリッツ)に東日本大震災で被災した文書群のレスキューが題材に。

bigcomicspirits121022.jpg

この企画は、小学館の発行する週刊ビッグコミックスピリッツに漫画家の細野不二彦氏が提案したものです。「3.11を忘れないために」と題し、大震災復興支援協力企画として細野氏を含む8名の漫画家が小学館の漫画雑誌に描き下ろす読み切りシリーズ。各作品は来春に単行本化し、必要経費を除くすべての収益と印税を東日本大震災の復興支援に寄付するそうです。

 

「ギャラリーフェイク 特別編」は47号(10/22)と48号(10/29)に連載されます。作者は、宮城歴史資料保全ネットワーク(代表者 東北大学 平川 新教授)のレスキュー活動を取材したようです。作品には津波で被災した文書群の修復シーンなどが出てきます。(文責 神谷)

 

「ビッグコミックスピリッツ」 No.47

発行日: 20121022

発行: 小学館

http://spi-net.jp/this_week/index.html

定価: 340円(税込)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 細野不二彦作の漫画「ギャラリーフェイク 特別編」(週刊ビッグコミックスピリッツ)に東日本大震災で被災した文書群のレスキューが題材に。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/468

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事