特別展「東京低地災害史」を葛飾区郷土と天文の博物館で開催中

toukyoteichisaigaishi.jpg

特別展「東京低地災害史」を葛飾区郷土と天文の博物館で開催中

 

葛飾区は区制施行80周年記念の特別展として、葛飾区郷土と天文の博物館において「東京低地災害史 地震、雷、火事?・・・教訓!」を開催中です。

17世紀以降、東京低地が立地する関東平野における歴史災害の検証を試みています。(文責 神谷)

 

会期: 2012107日(日)~1125日(日)

開館時間: 9001700(金曜日・土曜日は2100まで)入館は閉館の30分前まで。

休館日: 月曜日(祝日は開館)、第24火曜日

入館料: 大人100円・小中学生50

 

主な展示内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1.東京低地の自然環境

2.関東平野災害史(地震・津波、水害と高潮、火山)

3.東日本大震災の教訓

 

期間中の併催企画・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■記念講演会 1020日(土)14001600

 「東日本大震災の津波の教訓と安政江戸地震による詳細震度分布」

都司嘉宣氏(元東京大学地震研究所准教授)

■歴史教養講座 1118日(日)14001600

 「関東山地の大規模土砂災害と下町東京」

 井上公夫氏(砂防フロンティア整備推進機構技術長)

●津波被害を語る会 1027日(土)、1124日(土)

 午前の部 11001150 午後の部 15001550

 いいおか津波語りつぐ会

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

詳細は:

http://www.museum.city.katsushika.lg.jp/exhibition/index.php

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 特別展「東京低地災害史」を葛飾区郷土と天文の博物館で開催中

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/462

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事