「経済政策史資料保存促進のために、いま何が必要か?―公文書管理法と現代経済史・経営史資料―」経営史学会第48回全国大会でパネルディスカッション開催

sub02.jpg

 

経営史学会の第48回全国大会が113日(土)~4日(日)に明治大学 駿河台キャンパスで開催されます。第2日目に下記テーマで報告会とパネルディスカッションが開かれます。

 

日時: 2012114日(日) 9001200

会場: 明治大学駿河台キャンパス リバティータワー81083教室

(〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1

テーマ: 経済政策史資料保存促進のために、いま何が必要か?

―公文書管理法と現代経済史・経営史資料―

司会者: 中村尚史(東京大学)

基調報告: 「経済政策史資料保存促進のために」 尾高煌之助(一橋大学名誉教授)

パネルディスカッション

尾高煌之助(一橋大学名誉教授)

高山正也(国立公文書館館長)

石原一則(神奈川県立公文書館資料課長)

阿部武司(大阪大学大学院教授)

吉川 容(三井文庫)

瀬畑 源(一橋大学)

湯沢 威(学習院大学名誉教授)

 

詳細は:

http://www.bhs-japan.org/bhsj/sub02.html

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「経済政策史資料保存促進のために、いま何が必要か?―公文書管理法と現代経済史・経営史資料―」経営史学会第48回全国大会でパネルディスカッション開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/463

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事