全史料協 全国(広島)大会及び研修会の内容が発表されました

inde120823.jpg

 

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(略称 全史料協)の第38回全国大会 が下記の通り広島市内で開催されます。テーマは、「地域社会とともに歩むアーカイブズ-今、なすべきこと-」です。

 

1 期  日  2012118日(木)~9日(金)

2 主  催  全国歴史資料保存利用機関連絡協議会

3 共  催  広島県、広島市、広島県市町公文書等保存活用連絡協議会

4 後  援  独立行政法人国立公文書館、中国新聞社、NHK広島放送局         

5 会  場  広島県民文化センター・鯉城会館

              730-0051 広島市中区大手町1-5-3

              :082-245-2311()082-245-2322()

         広島県立文書館

              〒730-0052 広島市中区千田町3-7-47 広島県情報プラザ内

              ℡:082-245-8444

         広島市公文書館

              〒730-0051 広島市中区大手町4-1-1 大手町平和ビル68F

              ℡:082-243-2583

 

6 内  容

1)総会

2)大会テーマ研究会,研修会(広島県立文書館,広島市公文書館視察を含む)

3)委員会報告,報告

4)機関会員・協賛企業展示,ポスターセッション

5)交流会

 

1日/118日(木)

■各館集合  900930

■研修会

 〈第1時限〉9301100  A 視察 広島県立文書館(申込先着順84名)

B 視察 広島市公文書館(申込先着順60名)

 〈第2時限〉13001410  C アーカイブズの実践入門 

定兼 学氏(岡山県立記録資料館館長)

   D アーカイブズの電子情報化とその課題

                   研谷 紀夫氏(関西大学総合情報学部准教授)

 〈第3時限〉14201530  E 大学アーカイブズの社会連携活動

                    小宮山 道夫氏(広島大学文書館准教授)

 F 学校教育との連携に関する取り組み -山口県文書館の事例-

                    山本 明史氏(山口県文書館専門研究員)

■総会  15401730

■交流会  18002000 (鯉城会館5F・会議室サファイア)

 

-------------------------------------------------------

 第2日/119日(金)

900920 受付  

■報告

9201000 仙台市博物館の資料レスキュー活動

         栗原伸一郎氏(仙台市博物館)

10001050 東日本大震災臨時委員会

11001150 調査・研究委員会

■大会テーマ研究会

13001310趣旨説明

13101355報告①

          安芸高田市の文書管理改善活動と公文書管理条例

          高下正晴氏(安芸高田市行政経営課)

13551440 報告②

          熊本県行政文書等の管理に関する条例について

          村上 徹氏(熊本県総務部文書私学局県政情報文書課)

14501510 コメント

          安藤福平氏(広島県立文書館)

15101550 質疑討論

          司会:小髙哲茂氏(群馬県立文書館、大会・研修委員会委員)

          森本祥子氏(江東区区政資料室、大会・研修委員会委員)

 ■閉会行事  

15501600 

 

お申込み詳細は:

http://www.jsai.jp/taikai/hirosima/index.html

(文責 神谷)

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 全史料協 全国(広島)大会及び研修会の内容が発表されました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/435

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事