企画展 「箱と包みを開いてみれば―文化財の収納法―」 和歌山県立博物館

wakayamahaku120612.JPG

 

和歌山県立博物館では、企画展 「箱と包みを開いてみれば―文化財の収納法―」を開催中です。

美術工芸品や歴史資料などの貴重な資料は、さまざまな包みや箱に収納・保管されています。文化財をまもるための収納法を、国宝「古神宝類の朱塗唐櫃」(こしんぽうるいのしゅぬりからびつ)をはじめ36種類の展示資料で紹介。展示会最終日には「博物館バックヤードツアー」が開催されます。(文責 神谷)

 

企画展 「箱と包みを開いてみれば―文化財の収納法―」

 

会   期: 201269日(土)~716日(月・祝)

展示解説は、6/9(土)・6/17(日)・6/23(土)、7/1(日)・7/15(日)の13301430に行います。7/7(土)のみ14001500です。

会   場: 和歌山県立博物館

休 館 日: 月曜日(最終日7/16は開館)

開館時間: 9301700

入 館 料: 一般280円(220円) 大学生170円(140円) ( )内は20人以上の団体料金。

 

 

関連イベント「博物館バックヤードツアー」

 

日時: 2012716日(月・祝) 13301500

定員: 先着15名(事前申し込み)

参加費は無料ですが、博物館への入館料が必要です。

 

詳細は:

http://www.hakubutu.wakayama-c.ed.jp/hakotutumi/frameset.htm

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 企画展 「箱と包みを開いてみれば―文化財の収納法―」 和歌山県立博物館

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/404

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事