『地域資料保存を考える~図書館の取り組み~』全史料協関東部会 第267回定例研究会開催

teireikennkyuukai120618.jpg

 

自治体史編纂資料を保存・公開し、編纂事業終了後も文書群の悉皆調査を継続している東京都北区立中央図書館の取り組みについて報告があります。事前申し込み制、資料代300円は当日払いです。

 

日 時: 2012717日(火) 13301630

会 場: 東京都北区立中央図書館(東京都北区十条台1-2-5

テーマ: 『地域資料を考える~図書館の取り組み~』

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1300~ 受付

13301415 【報告1】 「(仮称)自治体史編纂後の資料保存と地域史の再検討」

                 北区立中央図書館地域資料専門員 保垣孝幸

14151500 【報告2】 「(仮称)北区立中央図書館における地域資料の保存と利用」

                 北区立中央図書館図書主査 松元宙子

15101600 【施設見学】 北区立中央図書館内見学

16001630 【意見交換】

1630解散

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お申し込みは:

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会関東部会事務局

(戸田市立郷土博物館内) 吉田・香林

335-0021

埼玉県戸田市大字新曽1707番地

TEL 048-443-5600 FAX 048-442-8988

E-mail hakubutucity.toda.saitama.jp (@は半角に)

 

北区立中央図書館へのアクセス pdf(228KB):

http://www.city.kita.tokyo.jp/docs/service/272/atts/027236/attachment/attachment_5.pdf

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 『地域資料保存を考える~図書館の取り組み~』全史料協関東部会 第267回定例研究会開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/406

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事