博物館の耐震補強、東京国立博物館 東洋館の場合。(1089ブログより)

index120604.jpg

 

東京国立博物館では2009年に東洋館の耐震調査をし、耐震補強工事を実施しました。補強方法は、開口部に筋交いを入れる「鉄骨ブレース」と既存の壁を厚くする「耐震壁」工法の二つを使い分けしています。館設計者のデザインを伝承するため、展示棟は耐震壁、レストランなどがある附属棟には鉄骨ブレースを設置しました。

東洋館は、耐震工事によって2011311日の東日本大震災でも建物自体は無事だったそうです。

1089ブログ」では、日頃見ることのできない博物館の耐震工事の様子がイラスト・写真入りで紹介されています。(文責 神谷)

 

1089ブログ:東博(トーハク)スタッフからの情報ページです。

http://www.tnm.jp/modules/rblog/index.php/1/2012/05/30/

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 博物館の耐震補強、東京国立博物館 東洋館の場合。(1089ブログより)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/397

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事