新着文献 『博物館資料取扱いガイドブック―文化財、美術品等梱包輸送の手引き』日本博物館協会編集

hakubutukannshiryoutoriatukai.jpg

 

本書は、「美術品梱包輸送技能士」検定のテキストです。技能士の資格制度は、(財)日本博物館協会が「美術品取扱い技術等に係る委員会」を立ち上げ、2008年から検討が始められ現在試行中(*)です。等級は1級~3級まであり、受験資格は1級で10年以上、2級で5年以上、3級で2年以上の経験者であること、となっています。

近年は、美術品等の梱包・輸送に携わるベテラン作業員や学芸員がリタイアし、後継者の養成が困難になっています。一方で、国公立機関の競争入札に美術品等の経験が浅い業者が参加・落札し、かけがえのない文化財を傷めてしまう危険性が増しているとも言われています。本書は、美術品等の梱包・輸送にかかわる人々の学習用として編集されたものですが、美術館・博物館の学芸員や関係者にとっても有益な内容になっています。

写真や図版なども豊富で、各分野の美術品の梱包や輸送、取扱いについて分かりやすく書かれています。美術品や文化財の種類は広範囲です。各分野のエキスパートが解説し、ここまでまとまった手引書はわが国では初めてでしょう。(文責 神谷)

 

*「美術品梱包輸送技能士3級検定の試行について」と題し、「博物館研究(2012年5月号)」に報告文が載っています。

 

「博物館研究」の紹介:

http://www.j-muse.or.jp/03books/ms.php

 

「博物館研究」の購入について:

http://www.j-muse.or.jp/03books/buy.php

 

 

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

まえがき

1美術品の取り扱いの基礎知識(神庭信幸 東京国立博物館保存修復課長)

2素材別の留意事項(神庭信幸)

3陶磁器(今井敦 東京国立博物館教育課長)

4漆芸品(小松大秀 秋田市立千秋美術館長)

5金工(伊藤信二 東京国立博物館教育普及室長)

6刀剣(原田一敏 東京藝術大学大学美術館教授)

7学装作品(相澤邦彦 兵庫県立美術館主任学芸員)

8掛物(名児耶明 五島美術館学芸部長)

9巻子(松原茂 根津美術館学芸部長)

10屏風(松原茂)

11茶道具(名児耶明)

12染織(小山弓弦葉 東京国立博物館工芸室主任研究員)

13古書・歴史資料(高橋裕次 東京国立博物館博物館情報課長)

14考古資料(井上洋一 東京国立博物館企画課長)

15彫刻(岩田茂樹 奈良国立博物館美術室長、浅見龍介 東京国立博物館東洋室長)

16甲冑(池田宏 東京国立博物館上席研究員)

17自然史標本(松浦啓一 国立科学博物館動物研究部長)

18民俗・民族資料(園田直子 国立民族学博物館教授)

<資料編>

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『博物館資料取扱いガイドブック―文化財、美術品等梱包輸送の手引き』

編集: 財団法人 日本博物館協会

発行: ㈱ぎょうせい

http://shop.gyosei.jp/index.php?main_page=product_info&products_id=7464

判型: B5判、216

発行日: 2012525

定価: 2,800円(税込)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新着文献 『博物館資料取扱いガイドブック―文化財、美術品等梱包輸送の手引き』日本博物館協会編集

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/387

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事