日本ファイリング㈱が被災した紙資料を再生させる洗浄・滅菌処理事業を展開中

 

betterstorage201202.jpg

日本ファイリング㈱(本社 東京都千代田区)の社外報「Better Storage185号(201241日発行)の記事です。東日本大震災に伴う津波などに被災した貴重な紙資料の再生に、同社の大量脱酸用のチャンバーが威力を発揮しています。

作業のプロセスは、被災した文書類を詰めた専用コンテナを同社が引き取り、ドライクリーニングや浄水による洗浄、チャンバー内で真空乾燥・滅菌処理までを行い返却、という流れです。

この事業は、乾燥から滅菌処理まで一貫して行える、海水や汚泥を被ったりカビが発生した資料でも処理可能、滅菌処理のみも可能、などの特徴があります。(文責 神谷)

 

内容は同社ホームページにも掲載 :

http://www.nipponfiling.co.jp/products/preservation/kami.html

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日本ファイリング㈱が被災した紙資料を再生させる洗浄・滅菌処理事業を展開中

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/372

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事