2012年3月アーカイブ

img4f71a93e796f8.jpg

 

2012年度日本アーカイブズ学会は下記の通り開催されます。

 

日時: 2012421日(土) 13301630 (1300受付) 1700~懇親会あり

         422日(日) 9301630900受付)

場所: 学習院大学(JR目白駅徒歩5分)

参加費: 会員500円、非会員1,000円、公開講演のみ500

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

421日(土) 会場:南3号館201教室 受付 13:00

 

<総会> 13:3015:00

2011年度活動・決算・会計監査報告・2012年度活動計画・予算案・役員改選に関する審議

②日本アーカイブズ学会登録アーキビストに関する規程案に関する審議

 

<大会講演会> 15:3016:30

ヴー・ティ・ミン・フォン博士(ベトナム国家記録アーカイブズ局局長・ICA副会長)

「ベトナムのアーカイブズを語る―国家記録アーカイブズ局の歩みを中心に」

 

<懇親会> 17:00~(会場:学習院大学創立百周年記念会館第4会議室)

 

422日(日) 受付 9:00

 

<自由論題研究発表会> 

1会場(南3号館203教室) 9:3012:30

・柴田葵(桜美林大学)「地域社会に関わるアート・プロジェクトのアーカイブ活動について」

・橋本陽(学習院大学)「調査しながら利用する―概要目録の可能性」

・高橋邦幸(中央大学)「『延喜式』にみえる「文殿」の解釈をめぐって」

・淺野真知(国文学研究資料館)「近現代日本の省庁における文書管理規則の変遷」

・岩橋清美(東京都公文書館)「明治前期東京府における文書管理の特質」

・齋藤柳子(学習院大学)「レコード・マネジメント導入による公文書の評価選別の簡素化」

 

2会場(南3号館204教室) 9301230

・平井孝典(小樽商科大学)「スウェーデンにおけるアーカイブズの現状と使用されているカタログの特徴」

・白川栄美(リヴァプール大学)「イギリスのアーカイブズサービスにおける「学習・教育」の役割とその普及」

・松尾美里(学習院大学)「電子記録のための保存メタデータについて」

・原田真喜子(首都大学東京)「ソーシャルネットワークサービスを用いた災害証言アーカイブのデザイン手法とその可能性」

・蔵原大(軍事問題研究会)・高橋志行(一橋大学)「デジタルコンテンツのアーカイブ化の現在とその課題―文化政策論の視座から」

・橋本貴(神戸学院大学)「アーカイブズからデジタル・アーカイブズへ~セマンティックWEB時代のアーカイブズ~」

 

企画研究会 (会場:南3号館201教室)14:0016:30

テーマ「東日本大震災1年―これまでの活動と今後の課題―」

・佐藤大介(宮城歴史資料保全ネットワーク)

「宮城での歴史資料保全と3.11大震災―震災「前」・震災「後」・これから―」

・金慶南(法政大学サステイナビリティ研究教育機構)

「環境アーカイブズの震災関連活動」

・木本洋祐(神奈川県立公文書館)

  「神奈川県立公文書館における陸前高田行政文書レスキュー事業」

・政池明(国際高等研究所)

 「福島原発放射線測定のアーカイビング」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お申込み詳細は:

http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=101

(文責 神谷)

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

sekainobijinesuakaibuzu.jpg

 

2011511日(水)に国際シンポジウム「ビジネス・アーカイブズの価値」が東京・六本木で開催されました。シンポジウムでは、日本を含む世界各国から(代読を含む)9人のアーキビストが登壇。本書は、シンポジウムの発表をベースにし、さらに6つの事例を加えたものです。さまざまな業種の企業アーカイブズの活用例が載っています。(文責 神谷)

 

国際シンポジウム「ビジネス・アーカイブズの価値」:

http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/2010/11/post-103.html

 

『世界のビジネス・アーカイブズ :企業価値の源泉』

本体価格:3,600円(税別)

判型:四六、280

編集:公益財団法人 渋沢栄一記念財団実業史研究情報センター

発行:日外アソシエーツ株式会社

http://www.nichigai.co.jp/cgi-bin/nga_search.cgi?KIND=BOOK&ID=A2353

発売元:株式会社紀伊國屋書店

発行日:2012326

ISBN: 978-4-8169-2353-1

  

内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『世界のビジネス・アーカイブズ』刊行にあたって

歌田勝弘(企業史料協議会会長、元味の素()社長)

序章 世界のビジネス・アーカイブズ:多様な価値を持つ、経営・業務に貢献するツール

松崎裕子(公益財団法人渋沢栄一記念財団実業史研究情報センター、ICA/SBL

 

第一部 歴史マーケティングの力

1章 より幅広い視野で:歴史的事実に基づく広報活動への支援

 ヘニング・モーゲン(A.P. モラー・マースク社、デンマーク)

2章 フランスのビジネス・アーカイブズ、経営に役立つツールとして:サンゴバン社の例

 ディディエ・ボンデュー(サンゴバン社、フランス)

3章 日本における伝統産業とアーカイブズ:虎屋を中心に

 青木直己(株式会社虎屋、日本)

4章 アンサルド財団:アーカイブズ、トレーニング、そして文化

 クラウディア・オーランド(アンサルド財団、イタリア)

5章 アーカイブズを展示することによる商業上の効果

 ケイティー・ローガン、シャーロット・マッカーシー(ブーツ社、イギリス) 

 

第二部 ビジネス・アーカイブズと全国的戦略

6章 資産概念の導入と中国における企業の記録管理へのその効果

 王嵐(中華人民共和国国家档案局、中国)

7章 ビジネス・アーカイブズに関する全国的戦略(イングランドおよびウェールズ)

 アレックス・リッチー(英国国立公文書館、イギリス)

8章 インド準備銀行アーカイブズ:歴史資源そして企業資産

 アショーク・カプール(インド準備銀行、インド)

 

第三部 アーカイブズを武器に変化に立ち向かう

9章 誇りある遺産:買収・統合後の歴史物語の重要性

 ベッキー・ハグランド・タウジー(クラフト・フーズ社、アメリカ)

10章 企業という設定の中で歴史を紡ぐ:ゴードレージグループのシナリオ

 ヴルンダ・パターレ(ゴードレージ、インド)

11章 合併の波の後:変化への対応とインテーザ・サンパオログループ・アーカイブズの設立

 フランチェスカ・ピノ(インテーザ・サンパオロ銀行、イタリア)

12章 アーカイブズに根をおろして:IBMブランド形成に寄与する、過去の経験という遺産

 ポール・C・ラーサウィッツ (IBM社、アメリカ)

 

第四部 アーカイブズと経営

13章 企業のDNA:成功への重要なカギ

 アレックス・L・ビエリ(ロッシュ社、スイス)

14章 会社の歴史:化学企業にとっての付加価値

 アンドレア・ホーマイヤー(エボニック・インダストリーズ社、ドイツ)

15章 地方史か会社史か:多国籍企業海外現地法人アーカイブズの責任ある管理

 エリザベス・W・アドキンス(CSC社、アメリカ)

あとがき / 小出いずみ(公益財団法人渋沢栄一記念財団実業史研究情報センター)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

hakubutukannsiryouhozonnronn1.jpg 

 

編著者は東京文化財研究所副所長で東京藝術大学大学院美術研究科連携教授です。

本書は学芸員資格取得を目指している方に向けて書かれています。博物館資料の保存について基礎的な内容を分かりやすく解説した一冊です。資料の保存環境や修復、梱包・輸送など各分野の専門家が執筆しています。(文責 神谷)

 

執筆者は下記の通り。

石﨑武司(東京文化財研究所 編者)、稲葉政満(東京藝術大学大学院美術研究科)、井上 敏(桃山学院大学経営学部)、神庭信幸(東京国立博物館)、木島隆康(東京藝術大学大学院美術研究科)、桐野文良(東京藝術大学大学院美術研究科)、園田直子(国立民族学博物館)、成瀬正和(宮内庁正倉院事務所)、日高真吾(国立民族学博物館)、藤原 工(株式会社灯工社)、呂 俊民(東京文化財研究所)

 

内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1章 博物館資料保存総論 

文化財保護の歴史

文化財とは

文化財の材質

博物館資料の劣化の要因

文化財の保存に関する倫理

2章 博物館資料の保存環境

温湿度環境

光と照明

室内空気汚染

生物被害

伝統的保存方法

博物館資料の被災防止と救援活動

3章 資料の保全

資料の状態調査による現状把握

紙資料の修復・修理

資料の梱包と輸送

4章 ひろがる博物館の役割 

地域資源の保存と活用

付録 年表

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『博物館資料保存論』

編著者: 石﨑武司

発行: 講談社

http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1565036&x=B

発行日: 2012330

判型: A5判、174

定価: 2,310円(消費税込)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

hisaibunnkazaityuuitenn.jpg

 

被災文化財などから、人体に影響を及ぼす菌が見つかり、東京文化財研究所が注意を喚起しています。基本的には、体力の弱っている方やお年寄り、子供などが病原性のカビなどを気道に入れないように警告。たとえ殺菌燻蒸をしても、飛散するカビの菌体や胞子を吸入することによるアレルギー反応や肺疾患などの危険性があることを指摘しています。

 

カビが発生している資料を扱う場合に推奨する防塵マスクや手袋、ゴーグル、作業着などの装備、作業環境などの注意点が書かれています。

 

被災文化財における人体への健康被害の可能性のあるカビの取扱い、および予防に関する注意点(PDF299KB) :

http://www.tobunken.go.jp/japanese/rescue/20120319.pdf

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

2012年4月から始まる放送大学の授業のうち博物館における資料保存に関連する授業は

次の通りです。

 

●「一般科目 人文系」で『博物館概論』(2011年度から継続)

●「専門科目 人間と文化コース」で2012年度から『博物館資料保存論』、『博物館資料論』、『博物館展示論』の3本が開始。

 

テレビ番組の時間割は下記の通り。

『博物館概論』は4/7(土)14301515から毎週

『博物館資料保存論』は4/3(火)21302215から毎週

『博物館資料論』は4/1(日)21302215から毎週

 

タイトルと講師は下記の通りです。

 

『博物館資料保存論』・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

博物館資料保存論は、物自体に手を加える「コンサベーション」ではなく、状態や条件を良くする「プリザベーション」のために設けられた科目です。

hakubutukannsiryouhozonnronn.jpg 

 

講師: 本田光子(九州国立博物館 博物館科学課長)、

三輪嘉六(九州国立博物館 館長)、森田稔(九州国立博物館 副館長)、

岡岩太郎(国宝修理装こう師連盟理事長)、

藤田励夫(九州国立博物館 博物館科学課 保存修復室長)

今津節生(九州国立博物館 博物館科学課 環境保全室長)

 

1.「博物館資料保存論の導入」 本田光子

2.「文化財保護の歴史」 三輪嘉六

3.「災害対策と保存論」 森田稔

4.「博物館の成り立ちと機能」 森田稔

5.「博物館資料の収蔵と保管」 森田稔

6.「博物館資料の科学調査」 今津節生

7.「博物館資料の保存修理」 藤田励夫

8.「装こう技術による文化財修理(1)」 岡岩太郎

9.「装こう技術による文化財修理(2)」 岡岩太郎

10.「正倉院宝物の保存」 本田光子

11.「曝涼・曝書の歴史」 本田光子

12.「文化財生物被害対策の歴史」 森田稔

13.「博物館におけるIPM:総合的有害生物管理(1)」 本田光子

14. 「博物館におけるIPM:総合的有害生物管理(2)」 本田光子

15.{博物館危機管理としてのIPM」 本田光子

 

『博物館資料保存論』(放送大学教材)

発行日: 2011320

編著者: 吉田憲司

発行所: 財団法人 放送大学教育振興会

版型: A5判、208

価格: 2,400円(消費税別)

 

詳細は放送大学シラバスのページで:

http://www.ouj.ac.jp/hp/kamoku/H24/kyouyou/B/ningen/s_1554620.html

 

 

 

『博物館資料論』・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

各地の博物館で、"もの"(博物館資料)と"ひと"(博物館員)に触れながら学んでいく講座です。

hakubutukannsiryouronn.jpg

 

講師: 佐々木利和(北海道大学 教授)、湯山賢一(奈良国立博物館長)、

湊伸幸(東京国立博物館名誉館員)、涌坂周一(羅臼町郷土資料館長)、

鈴木一義(国立科学博物館 科学技術史グループ長)、

岡塚章子(江戸東京博物館 学芸員)、

城野誠治(東京文化財研究所職員/写真家)、

内藤栄(奈良国立博物館 学芸部長補佐)、本多俊和(放送大学 教授)

 

1.「博物館における資料とは」 佐々木利和

2.「博物館資料を展示する」 佐々木利和

3.「博物館資料の修復」 佐々木利和

4.「大学における博物館」 佐々木利和

5.「博物館資料としての古文書」 湯山賢一

6.「博物館資料としての絵画」 湊伸幸

7.「博物館資料としての個人収集品」 佐々木利和

8.「博物館資料としての「近代文化遺産」」 佐々木利和、鈴木一義

9.「博物館資料としての考古遺物―小規模展示施設の模型作り―」 

    佐々木利和、涌坂周一

10.「博物館資料としての写真」 佐々木利和、岡塚章子

11.「デジタル写真撮影法」 佐々木利和、城野誠治

12.「博物館資料と展示ケース論」 佐々木利和、湯山賢一、内藤栄

13.「博物館資料の調査」 佐々木利和

14.「博物館資料としての民俗」 佐々木利和

15.「民族資料論―博物館における民族表象―」 本多俊和

 

『博物館資料論』(放送大学教材)

発行日: 2011320

編著者: 吉田憲司

発行所: 財団法人 放送大学教育振興会

版型: A5判、250

価格: 2,700円(消費税別)

 

詳細は放送大学シラバスのページで:

http://www.ouj.ac.jp/hp/kamoku/H24/kyouyou/B/ningen/s_1554590.html

 

 

 

『博物館展示論』・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

博物館展示論は学芸員資格修得に必要な新たに設けられた科目です。

hakubutukanntennjironn.jpg

 

講師: 佐々木利和(北海道大学 教授)、松原茂(根津美術館)、

岩田茂樹(奈良国立博物館)、島谷弘幸(東京国立博物館副館長)、

原田一敏(東京芸術大学)、伊藤嘉章(九州国立博物館)、

竹内奈美子(東京国立博物館)、池田宏(東京国立博物館)、

小山弓弦葉(東京国立博物館)、井上洋一(東京国立博物館))、

日高慎(東京学芸大学)、水田順子(北海道立近代美術館)、

五十嵐聡美(北海道立近代美術館)、神庭信幸(東京国立博物館)、

木下史青(東京国立博物館)、

 

1.「博物館展示論とは~"モノ"に語らせるために」 佐々木利和

2.「博物館史の中の展示概説」 佐々木利和

3.「絵画」 松原茂

4.「彫刻」 岩田茂樹

5.「書」 佐々木利和、島谷弘幸

6.「工芸品~金工・刀剣~」 原田一敏

7.「工芸品~陶磁・漆工~」 伊藤嘉章、竹内奈美子

8.「工芸品~甲冑・染織~」 池田宏、小山弓弦葉

9.「考古・歴史資料」 井上洋一、日高慎、佐々木利和

10.「近現代美術」 佐々木利和、水田順子、五十嵐聡美

11.「保存修復」 神庭信幸

12.「展示照明」 佐々木利和、木下史青

13.「地域博物館の活動~北海道白老町・アイヌ民族博物館~」 佐々木利和

14.「地域博物館の活動~利尻町立博物館・にかほ市象潟郷土資料館~」 

佐々木利和

15.「地域博物館の活動~沖縄 八重山博物館・与那国民俗資料館~」 

佐々木利和

 

『博物館展示論』(放送大学教材)

発行日: 2012320

編著者: 吉田憲司

発行所: 財団法人 放送大学教育振興会

版型: A5判、283

価格: 2,900円(消費税別)

 

詳細は放送大学シラバスのページで:

http://www.ouj.ac.jp/hp/kamoku/H24/kyouyou/B/ningen/s_1554603.html

 

 

 

 

『博物館概論』・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

平成244月から新たな博物館法施行規則がスタートし、講義には資料保存論と展示論が加わりました。

hakubutukanngaironn.jpg

 

講師:吉田憲司(国立民族学博物館 教授)、久保正敏(国立民族学博物館 教授)、

園田直子(国立民族学博物館 教授)、

布谷知夫(滋賀県立琵琶湖博物館 名誉学芸員)

 

1.「博物館・入門」 吉田憲司

2.「博物館の歴史」 吉田憲司

3.「博物館における収集」 吉田憲司、久保正敏

4.「博物館における展示Ⅰ―文化の表象の現在」 吉田憲司

5. .「博物館における展示Ⅱ―展示の技法」 吉田憲司

6.「博物館資料の整理と情報化」久保正敏、吉田憲司

7.「博物館資料の保存と活用Ⅰ―保存環境とIPM」 園田直子、吉田憲司

8. 「博物館資料の保存と活用Ⅱ―取り扱い、収蔵と梱包」 園田直子、吉田憲司

9.「博物館における教育Ⅰ―学校教育との連携」 布谷知夫、吉田憲司

10.「博物館における教育Ⅱ―生涯教育の展開」布谷知夫、吉田憲司

11.「地域コミュニティと博物館」 布谷知夫、吉田憲司

12.「文化遺産と博物館」 吉田憲司

13.「記憶と博物館」 吉田憲司

14.「デジタル技術とミュージアム」 久保正敏、吉田憲司

15.「フォーラムとしてのミュージアム―新たな時代の博物館にむけて」 

吉田憲司、久保正敏、園田直子、布谷知夫

 

『改訂新版 博物館概論』(放送大学教材)

発行日: 2011320

編著者: 吉田憲司

発行所: 財団法人 放送大学教育振興会

版型: A5判、298

価格: 2,900円(消費税別)

 

詳細は放送大学シラバスのページで:

http://www.ouj.ac.jp/hp/kamoku/H24/kyouyou/B/ippan_jinbun/s_1117815.html

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

下記の通り、講演会が開催されます。定員100名、お申し込みは往復はがきにて。

 

日時 :2012425日(水)1430

場所 :飯田橋レインボービル2階・中会議室 (新宿区市谷船河原町11番地)

     JR・地下鉄飯田橋駅B3出口より徒歩5

講師 :大濱 徹也 氏 (筑波大学名誉教授)

タイトル:「公文書館の世界」

 

お申込み詳細は:

http://www.archives.go.jp/news/120316_01.html

(文責 神谷)

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index120309.jpg

 

記録管理学会の第139回例会は、資生堂企業資料館(静岡県掛川市)で行われます。

下記の通りレクチュアと展示およびバックヤード見学があります。

 

日 時: 2012411() 14001630

会 場: 資生堂企業資料館

(〒436-0025 静岡県掛川市下俣751-1 Tel.0537-23-6122

 

スケジュール(予定)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

14001430 レクチュア&ビデオ

143.01530 展示見学(解説付き)

15301630 レクチュア&バックヤード見学

 

参加料(1名につき): 会員 2,000  非会員3,000

このほかに掛川駅から現地までのタクシー代が実費としてかかります。

 

お申込み詳細は記録管理学会のページで:

http://www.rmsj.jp/

(文責 神谷)

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック