歴史科学協議会主催シンポジウム「原発震災・地震・津波―歴史学の課題―」を開催

36027479.jpg

 

3.11東日本大震災から間もなく一年になります。原発問題や地震、津波による被災などに対して歴史学の立場から何ができるのかを検討するシンポジウムです。事前申し込み不要。非会員の参加もできます。

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日時: 2012324日(土) 1300~(1230開場)

会場: 学習院大学南3号館201教室(JR山手線目白駅下車)

講演内容:

・石橋 克彦氏 「史料地震学と原発震災」

・渡辺  治氏 「戦後史のなかで大震災・原発事故と復旧・復興を考える」

・西村慎太郎氏 「文書の保存を考える」

司会 保立道久氏

資料代: 500

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

詳細は:

http://blogs.yahoo.co.jp/siryo_net/36027479.html

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 歴史科学協議会主催シンポジウム「原発震災・地震・津波―歴史学の課題―」を開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/348

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事