公開シンポジウム「大規模自然災害における文化財レスキュー 阪神・淡路から東日本大震災」国立民族学博物館にて

koukaishinnpo111026.jpg

 

下記の通り公開シンポジウムが開催されます。参加費無料、要事前申し込みです。

 

日時: 2011123日(土) 10001630

会場: 国立民族学博物館

    大阪府吹田市千里万博公園10-1

主催: 一般社団法人文化財保存修復学会

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

総合司会 園田直子(国立民族学博物館)

 

10001005 開会挨拶 文化財保存修復学会会長 三輪嘉六(九州国立博物館)

■基調講演 座長 内田俊秀(京都造形芸術大学)

10051045 「阪神・淡路大震災から東日本大震災―学会としての取り組み―」

          三輪嘉六(九州国立博物館)

10451200 「3.11大震災と宮城資料ネットの歴史資料レスキュー―活動から見えて

          きたこと―」

          NPO法人宮城歴史資料保全ネットワーク事務局長 佐藤大介(東北大学)

■活動報告 座長 村上 隆(京都国立博物館)

13201340 「阪神・淡路大震災における活動の課題」 

          内田俊秀(京都造形芸術大学)

13401400 「中越地震における活動の課題―救援の要請と被災資料の修理―」 

          本田光子(九州国立博物館)

14001420 「能登半島地震における文化財復興支援活動―被災資料の調査・修復から復興へ―」 中村晋也(金沢学院大学)

14201440 「東日本大震災における文化財レスキューについて

          ―民俗資料を中心に―」 

          日高吾(国立民族学博物館)

■パネルディスカッション

14551620 「文化財レスキュー―16年の歩みと今後―」

          コーディネーター 森田 稔(九州国立博物館)

          パネリスト 三輪嘉六、佐藤大介、内田俊秀、本田光子、中村晋也、

                 日高真吾、村上 

■総括と閉会挨拶

16201630 文化財保存修復学会会長 三輪嘉六

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お申し込みは:

http://www.kuba.co.jp/bunkazai2011/

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 公開シンポジウム「大規模自然災害における文化財レスキュー 阪神・淡路から東日本大震災」国立民族学博物館にて

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/309

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事