シンポジウム「研究者資料のアーカイブズ―知の遺産 その継承に向けて―」東京大学

sympo111021.jpg

 

現在、様々な分野の研究者が遺した資料を基本とするアーカイブズが形成されています。

本シンポジウムでは、そのような研究者資料のアーカイブズの現状を捉え、今後の学術研究における可能性とその役割、そしてその課題について明らかにし、研究者資料アーカイブズの社会的な意義について考えます。(シンポジウム案内より)

 

テーマ: 研究者資料のアーカイブズ-知の遺産 その継承に向けて-

日時: 20111126日(土) 1000~18:00

会場: 東京大学本郷キャンパス 福武ホール(入場無料 要事前申込み)

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■午前の部 (開演10:00)(開場930

東京大学大学院情報学環附属社会情報研究資料センター&アート・ドキュメンテーション学会共同研究会

「総長関係資料と教育史・大学史研究-渡邊洪基・古在由直資料から-」  谷本宗生(東京大学)

「近現代の科学史研究における資料のアーカイブ化の意義-坪井誠太郎資料調査から得られた知見より-」 栃内文彦(金沢工業大学)

「研究者資料のアーカイヴ構築と活用:油井正一資料を中心に」 本間友(慶應義塾大学)

「小野秀雄関係資料のアーカイブと展示-コレクション活用の問題点と意義-」 玉井建也・福重旨乃 他(東京大学)

Laura Ashley archive room-ブルームズベ リー・コレクション1987を 中心に-」 要真理子(大阪大学)

アリス・ルーズベルト旧蔵コレクションについて 筒井弥生

「「文化資源のデジタル化に関するハンドブック」におけるドキュメンテーションの特徴」 北岡タマ子 他(お茶の水女子大学)

「アート・ドキュメントとウィキペディア/ウィキメディア ウィキペディア日本語版参加者」 日下九八

■午後の部(開演13:00)(終了1800

シンポジウム

【基調講演】「草稿資料の整理・保存・供用をめぐる諸問題―東京女子大学丸山文庫の経験から」 平石直昭(東京大学/帝京大学)

「世界音楽のアーカイビングをめざして:小泉文夫記念資料室の概況と展望 植村幸生」(東京藝術大学)

「研究者資料か?研究資料か?:京都大学研究資源アーカイブの活動と課題」 山下俊介・五島敏芳(京都大学)

「高度アーカイブ化事業と研究者資料のアーカイブズ―坪井正五郎と小野秀雄関係資料を中心に―」研谷紀夫(東京大学)

【特別講演】「平賀譲デジタルアーカイブ ―その概要と新しい歴史史料研究システムの提案―」 大和裕幸(東京大学)

パネルディスカッション 司会:吉見俊哉(東京大学)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お申し込みは:

http://www.center.iii.u-tokyo.ac.jp/sympo

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: シンポジウム「研究者資料のアーカイブズ―知の遺産 その継承に向けて―」東京大学

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/302

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事