宍倉佐敏氏講演会「文字を記し、古くから伝わる和紙」 『必携古典籍・古文書料紙事典』刊行記念に

?p=1702.jpg

 

紙の繊維分析研究者、宍倉佐敏氏(宍倉ペーパーラボ)が先ごろ出版した『必携古典籍・古文書料紙事典』(下記)の刊行記念講演会です。参加費無料、事前申し込み制で先着80名です。

百万塔陀羅尼や古版本蒐集などを題材にお話しするそうです。

 

日時: 20111015日(土)150017001430開場)

会場: 東京堂書店神田神保町店6階 東京都神田神保町1-17

http://www.tokyodoshoten.co.jp/map.html

 

お申込み詳細は:

http://tokyodoshoten.co.jp/blog/?p=1702

 

『必携古典籍・古文書料紙事典』:

http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/2011/08/post-141.html

 

宍倉氏は静岡市の駿府博物館でも「素材から見る美術紙の知識―和紙の文化を探る」を講演しています。(108日まで)

http://sbs-bunkafukushi.com/museum3/2011/06/post-5.html

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(1)

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 宍倉佐敏氏講演会「文字を記し、古くから伝わる和紙」 『必携古典籍・古文書料紙事典』刊行記念に

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/280

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事