第六回「映画の復元と保存に関するワークショップ」を京都文化博物館とIMAGICAウェストにて開催。

eiganohukugenn110711.jpg

このワークショップは、2006年から毎年開催。今回の会場は、この7月にリニューアルされた京都文化博物館とIMAGICAウェスト(大阪市北区)です。映画の復元と保存の意義や最新事情、今後の課題などが報告されます。京都文化博物館(827日~28日)では講義を、IMAGICAウェスト(829日)は見学と実習が行われます。定員は京都文化博物館が100名、IMAGICAウェストが基礎と応用合計で25名、お申込み締め切りは8/12(金)です。

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011827日(土)

会場:京都府京都文化博物館 〒604-8183 京都市中京区三条高倉

10:0010:30 受付

10:3010:40 開会の挨拶 太田米男(大阪芸術大学)

10:4511:30 東京国立近代美術館フィルムセンターの取り組み 板倉史明(東京国立近代美術館フィルムセンター)

11:3012:15 映画フィルムの歴史 宮村信吾(コダック株式会社)

12:1513:30 昼食(13:00~上映ホール開場)

13:3014:20 上映(作品未定)← 作品決定次第、追って更新致します。

14:3015:20 リニューアルに際しこれまでの文博のあゆみと2010年度の成果 森脇清隆(京都文化博物館)

15:3016:20 海外の映画保存事情 ~L. ジェフリー・セルズニック映画保存学校の視点から~ジョアン・バーナディ(ロチェスター大学准教授)

16:30 解散

17:0019:00 会場移動後、懇親会 ←希望者のみ事前申し込み:別途参加費4,000円(予定)

 

2011828日(日)

会場:同上

10:0010:30 受付

10:3012:00 東日本大震災に学ぶ:わたしたちにできる映画フィルム救済 中川望(NPO法人映画保存協会)他ゲストトークあり

12:0013:30 昼食(13:00~上映ホール開場)

13:3014:20 上映『古川ロッパの水戸黄門 竜王明神の巻』(解説付き)

14:3015:20 『地獄門』復元の監修にあたり 森田富士郎(撮影監督)

15:3016:00 『地獄門』三色分解について 益森利博(株式会社IMAGICAウェスト)

16:0016:30 『地獄門』デジタル復元について 石田記理(株式会社IMAGICA

17:0018:40 上映『地獄門(デジタル復元版)』

18:5019:00 京都会場閉会のあいさつ 太田米男(大阪芸術大学)

19:00 解散

 

2011829日(月) 実習編

会場:IMAGICAウェスト 〒530-0035 大阪市北区同心1-8-14

※ワークショップ初参加者を対象とする基礎コースと、既参加者を対象とする応用コースに分かれての実習となります。

9:3010:00 受付

10:0017:00 <基礎コース> 見学と実習 テーマ「フィルムの検査と取り扱い」 <応用コース>講義と実習 テーマ「三色分解」

18:00 まとめ

 

 

お申込み方法などは、NPO法人映画保存協会のページで:

http://www.filmpres.org/archives/3199

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 第六回「映画の復元と保存に関するワークショップ」を京都文化博物館とIMAGICAウェストにて開催。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/261

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事