国士舘大学で国際シンポジウム「未来へつなぐ世界遺産のあり方―東アジアの場合―」を開催。

information2011618internationa.jpg

 

タイトル:国際シンポジウム「未来へつなぐ世界遺産のあり方―東アジアの場合―」International Symposium 'How the World Heritage Should Be Toward the Future- in the cases of the East Asia-'

日時:2011618日(土) 14:0016:00

場所:国士舘大学世田谷キャンパス34号館B302教室

講演者:姜 大一(国立韓国伝統文化大学校 韓国) 

                    「韓国における保存と活用」

     杜 暁帆(ユネスコ北京事務所 中国) 

                    「中国世界遺産の現状と課題」

     沢田 正昭(国士舘大学 日本) 

                    「日本における世界遺産と観光」

 

お申込み詳細は、国士舘大学 アジア・日本研究センター:

http://www.a-jrc.jp/2011/05/information2011618internationa.html

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 国士舘大学で国際シンポジウム「未来へつなぐ世界遺産のあり方―東アジアの場合―」を開催。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/249

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事