講演会「書物の文化への特異な貢献―パーマネントペーパーの創始者たち―」開催

news_20110528.jpg

 

 

元国会図書館副館長で現学習院大学大学院アーカイブズ学専攻非常勤講師の安江明夫氏の講演です。当ブログでは「書籍用紙を変革したコンサバター」(百万塔 第138号)を以前にご紹介しましたが、近代書籍用紙は酸が原因で短命であることを発見したウィリアム・バローと彼を支援した図書館人たちの貢献について話をします。参加費無料です。(文責 神谷)

 

日時:2011528日(土)1530

場所:日本図書館協会研修室(2F)

講師:安江明夫氏(元国会図書館副館長、学習院大学大学院アーカイブズ学専攻非常勤講師)

主催:日仏図書館情報学会

 

詳細は日仏図書館情報学会のページで:

http://wwwsoc.nii.ac.jp/sfjbd/news/news_20110528.html

 

講演会チラシ: 書物の文化への特異な貢献.pdf (pdf 220KB)

 

ブログもんじょ箱「書籍用紙を変革したコンサバター」:

http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/2011/03/138.html

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 講演会「書物の文化への特異な貢献―パーマネントペーパーの創始者たち―」開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/237

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事