映画フィルムの原物保存はデジタルデータによる保存よりもコストが安い

movie.jpg

 

2011425日(月)22002257に「映画を捨てないで~戦うフィルムアーキヴィスト」がWOWOWで放送されます。東京国立近代美術館フィルムセンターの主幹 岡島尚志氏の活動を追ったドキュメンタリーです。岡島氏はFIAF(国際フィルム・アーカイヴ連盟)の第12代会長でもあります。

20113月に相模原に完成したフィルムセンターの新保存庫の様子やフィルム修復の実際、貴重な映画フィルムの紹介などを通して、「映画フィルムのアナログ保存はデジタルデータによる保存よりもコストが安い」ことが明らかになるということです。(文責 神谷)

 

番組のプレスリリース:

http://mainichi.jp/select/biz/prtimes_release/archive/2011/04/19/000000777.000001355.html

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 映画フィルムの原物保存はデジタルデータによる保存よりもコストが安い

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/224

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事