4/23(土)・24(日)に日本アーカイブズ学会2011年度大会を開催

archivesgakkai2011.jpg

プログラムが一部変更になりました。(2011年4月6日)

公開講演会が中止。

 

日本アーカイブズ学会の2011年度大会のプログラムが下記の通り発表されました。事前申し込みは不要です。参加費は会員500円、非会員1000円、公開講演会のみ500円。

 

日時: 2011423日(土)1300~(1230受付) 14:30受付開始

会場: 学習院大学 西5号館B1教室 南3号館201教室

内容:

13001500 総会

1530~ 公開講演会(1500受付開始、通訳付き)

「ベトナムのアーカイブズを語る―国家記録アーカイブズ局の歩みを中心に」 ヴー・ティ・ミン・フォン博士(ベトナム国家記録アーカイブズ局局長 ICA国際アーカイブズ評議会副会長)

 

15:00~2011年度総会

1730~ 懇親会

 

日時: 2011424日(日)1000~(9030受付開始)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10001230 自由論題研究発表会

■会場1:北1号館201教室

山田高誌 ナポリ銀行歴史文書館における音楽/劇場史研究: 177090年代のナポリの音楽家のキャリア形成を例に

浅野真知 中華民国初期の文書管理制度―官庁の文件保存規則を中心として―

小根山美鈴 海外引揚関係文書を中心とした村役場文書のアーカイブズ学的研究

倉田綾子 企業消滅時の資料保存について

宮本隆史 制度史の問題としてのアーカイブズ―理論的考察

 

■会場2:北1号館302教室

松本明日香 テレビ政治討論会のアーカイブズ―日・英・米を比較して―

平野 泉 オーストラリア「ハイナー事件」に学ぶ―アーキビスト・法・説明責任―

藤吉圭二 「アカウンタビリティ」再考

岡田順太 憲法秩序とアーカイブズ

 

■会場3 北1号館303教室

宇野淳子 音声のドキュメンテーション再考―科研調査を基に―

吉川也志保 フランス国立中央文書館の建築環境・省エネルギーへの取り組み―新館ピエールフィット建造の事例をとおして―

藤岡 洋 画像デジタルアーカイブの継続的活性化に向けての一提案 ―ポンペイデジタルアーカイブの構造過程を例に―

小林秀彦 メタデータによる記録管理、アーカイブズのマネジメントシステムへの統合化

 

■14001700 企画研究会 (北1号館 201) 広がりゆく「デジタルアーカイブ」とアーカイブズ

 第一部 講演

八日市谷哲生(国立公文書館)「国立公文書館デジタルアーカイブ」

宮本聖二(NHK) 「公共放送によるインターネット時代のコンテンツ展開 NHK戦争証言アーカイブスのこころみ」

笠羽晴夫(元デジタルアーカイブ推進協議会)「デジタルアーカイブの15年 それが意味するもの」

 

 第二部 パネルディスカッション 司会:古賀 崇(京都大学)

八日市谷哲生(国立公文書館)、宮本聖二(NHK),笠羽晴夫(元デジタルアーカイブ推進協議会)、水谷長志(東京国立近代美術館)、谷口知司(京都橘大学)、森本祥子(学習院大学)

 

 まとめ      

研谷紀夫(コーディネーター 東京大学)

 

お問い合わせは、日本アーカイブズ学会事務局へ:

http://www.jsas.info/

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 4/23(土)・24(日)に日本アーカイブズ学会2011年度大会を開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/211

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事