『魅せる展示の考え方』金剛株式会社がPASSION第32号を発行

passion32.jpg 

図書館や文化施設のトータルプランニングの金剛株式会社は社外報PASSION32号を発行しました。特集は、「魅せる展示の考え方」ですが、施設の整備だけでなくバックヤードの環境保全についても記事が掲載されています。

PASSIONは希望者に無料配布中。お申込みお問い合わせは下記へ。

 

金剛株式会社 総合企画グループ 企画チーム 木本氏

TEL 096-355-8872  FAX 096-352-0227

E-mail tkimotokongo-corp.co.jp (@は半角に)

 

内容は以下の通り。(カッコ内はインタビュー相手または執筆者)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「渋谷にこども図書館が誕生!」(渋谷区立笹塚こども図書館 主査 小林恵美子)

「ムサビの新図書館」(武蔵野美術大学美術館・図書館 事務部長 本庄美千代)

「自動書庫を稼働して」(九州大学附属伊都地区図書課課長 堀之口廣教)

「東京大学経済学部資料室と資料保存」(東京大学経済学部資料室 室長代理 小島浩之)

「MLAにおけるIPM活動の新しい実践と指向」(国文学研究資料館研究部 准教授 青木 睦)

「西新館耐震改修に伴う展示設備の整備」(奈良国立博物館学芸部 部長補佐 内藤 栄)

「博物館が守り伝える、もう一つのもの」(九州国立博物館学芸部博物館科学課 課長 本田光子)

「文化財保存修復研究センターの取り組み」(東北芸術工科大学文化財保存修復センター保存科学研究室 研究員 米村祥英)

「開館後18年を迎えたある美術館」(愛知県美術館 保存担当学芸員 長屋菜津子)

「自由というキーワードに、「自己研鑽」の場」(名古屋芸術大学大学院美術研究科美術学科日本画コース 教授 荒木弘訓)

「資料館のオープン 建築段階からの取り組み」(九州歴史資料館学芸調査室学芸班 技術主査 加藤和歳)

「壱岐発"魅せる収蔵庫"を実現する」(壱岐市立一支国博物館 学芸員 松見裕二)

「保管から「保存」へ」(金剛株式会社企画チーム 木本拓郎)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 『魅せる展示の考え方』金剛株式会社がPASSION第32号を発行

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/191

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事