『災害文化と地域歴史遺産-阪神淡路大震災から考える-』 「ふくしま歴史資料保存ネットワーク」が発足し記念講演会を開催

hukushima.jpg

 

福島県文化振興事業団は「ふくしま文化遺産保存ネットワーク」を廃止し、新たに「ふくしま歴史資料保存ネットワーク」を発足しました。旧ネットワークは、登録者に向けて文化遺産情報をメールマガジンで配信するにとどまっていたことや「文化遺産」の定義が曖昧だったことなどがあり、十分にネットワークの趣旨が浸透しなかったといいます。これらの問題を解決し、より具体的な行動を起こすために「ふくしま歴史資料保存ネットワーク」を発足したものです。

 

ネットワークの新規登録と記念講演会の案内が下記ページに掲載されています。

http://www.culture-center.fks.ed.jp/shiryounet/con00.html

 

記念講演会『災害文化と地域歴史遺産-阪神淡路大震災から考える-』は下記の通りです。

 

日 時: 20101127日(土) 13301630

会 場: 福島県文化センター2階会議室(福島市春日町5-54

入場無料、申し込み不要、先着120名。

主 催: 福島県文化振興事業団(TEL 024-534-9193

(プログラム)

13301350 趣旨説明

14001530 記念講演 奥村 弘(神戸大学大学院人文学研究科教授)

15401630 意見交換会

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 『災害文化と地域歴史遺産-阪神淡路大震災から考える-』 「ふくしま歴史資料保存ネットワーク」が発足し記念講演会を開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/184

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事