JHKシンポジウムの参加募集開始、タイトルは『デジタルアーカイブの最前線―現状と未来』

 

jhksympo4-1.jpg

 

20101029日(金)に開催される、情報保存研究会(JHK)と(社)日本図書館協会共催の第4回資料保存シンポジウムのプログラムが決定しました。『デジタルアーカイブの最前線―現状と未来』と題し、これからの資料保存にとって欠かせない「デジタルアーカイブ」を取り上げます。今回は、JHK設立10周年を記念して、JHK会員企業による資料保存実用講座を設けました。例年の通り、会員企業による企業展示も併催いたします。

 

タイトル: 『デジタルアーカイブの最前線―現状と未来』

日時: 20101029日(金)10001730(受付930

参加費: 無料(定員300名) 申込締切:1022日(金)

会場:江戸東京博物館1階ホール

後援:全国歴史資料保存利用機関連絡協議会・国立大学図書館協会・私立大学図書館協会・文化財保存修復学会・ARM東京支部・企業史料協議会・記録管理学会・全国大学史資料協議会・日本アーカイブズ学会・専門図書館協議会・アート・ドキュメンテーション学会(依頼中も含む)

お申込み詳細はJHKサイトで: http://e-jhk.com/html/symposium.html

 

プログラム--------------------------------------------------------

 

930~      受付

10001010 JHKあいさつ

10101100特別講演「国立公文書館デジタルアーカイブ」

          国立公文書館 業務課 電子情報係 八日市谷哲生

11001150 特別講演「デジタル・アーカイブとデジタル・アーキビスト―百年後への伝言―」   

          常磐大学コミュニティ振興学部教授 坂井知志

11501320 企業展示

13201410 特別講演「国立国会図書館におけるデジタル化」

          国立国会図書館 企画課 電子情報企画室 課長補佐 上綱秀治

14101510 資料保存実用講座(その1

15101540 企業展示

15401650 資料保存実用講座(その2

16501700 日本図書館協会あいさつ

17001730 企業展示

 

--------------------------------------------------------------------

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: JHKシンポジウムの参加募集開始、タイトルは『デジタルアーカイブの最前線―現状と未来』

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/170

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事