東京都立図書館が資料保存ガイドラインを公表

15a60.jpg

 

 

東京都立図書館は、2010729日に「東京都立図書館 資料保存ガイドライン」を公表しました。図書館の原物資料の長期保存を図ることが目的です。今後は、資料保存計画や実際の活動の指針にしていくそうです。

 

ガイドラインの内容は、1.目的、2.資料保存の考え方、3.資料保存の具体的対策などです。具体的対策では、(1)資料保存計画、(2)環境の整備、(3)保護対策、(4)修理、(5)代替保存、(6)利用の制限、(7)普及・啓発、体制などの項目が挙げられています。

 

すでに、中央大学が図書館資料保存総合対策要綱を制定していますが、公共図書館が資料保存ガイドラインを公表することはあまり例をみません。(文責 神谷)

 

東京都立図書館 資料保存ガイドライン(pdf 211KB):

http://www.library.metro.tokyo.jp/15/pdf/15a77.pdf

中央大学図書館資料保存総合対策要綱:

http://www2.chuo-u.ac.jp/library/kitesp.htm

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 東京都立図書館が資料保存ガイドラインを公表

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/156

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事