公開シンポジウム「文化財をまもる―みんぞく資料をまもる―」国立民族学博物館で開催

bunnkazaiwomamoru.jpg

 

国立民族学博物館の資料管理の事例や地域博物館の活動事例報告とパネルディスカッションが行われます。要事前申し込み、入場無料、定員は350人。(文責 神谷)

 

タイトル:公開シンポジウム「文化財をまもる―みんぞく資料をまもる―」

 

日時 : 平成22911日(土) 1300 1640

会場 : 国立民族学博物館講堂 (大阪府吹田市千里万博公園10-1) 

 

プログラム:

総合司会 日高真吾(国立民族学博物館准教授)

セッション1 基調講演「みんぞく資料をまもる」三輪嘉六(九州国立博物館館長)

セッション2 国立民族学博物館における資料管理の事例

        「国立民族学博物館における資料管理の30年」森田恒之(国立民族学博物館名誉教授)

        「国立民族学博物館における資料管理の現状と今後の展望」園田直子(国立民族学博物館教授)

セッション3 地域博物館とみんぞく資料

        「枚方市立旧田中家鋳物資料館の活動事例」武知邦博(枚方市立旧田中家鋳物資料館民俗資料館学芸員)

        「地域が守るみんぞく資料」伊達仁美(京都造形芸術大学教授)

        「災害とみんぞく資料」内田俊秀(京都造形芸術大学教授)

セッション4 パネルディスカッション

        「みんぞく資料をまもるために」

        コーディネーター 村上隆(京都国立博物館保存修理指導室長)

        パネリスト     三輪嘉六(九州国立博物館館長)

                   園田直子(国立民族学博物館教授)

                   武知邦博(枚方市立旧田中家鋳物民俗資料館学芸員)

                   伊達仁美(京都造形芸術大学教授)

                   内田俊秀(京都造形芸術大学教授)

お申込み詳細は:

http://www.kuba.co.jp/bunkazai-minpaku/

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 公開シンポジウム「文化財をまもる―みんぞく資料をまもる―」国立民族学博物館で開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/152

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事