『記録を守り 記憶を伝える』 学習院大学アーカイブズ学専攻が記念誌を刊行

kirokuwomamori.jpg

 

本書は、20084月に日本で初めて「アーカイブズ学専攻」の名称を付けた大学院専門課程が開設された学習院大学大学院人文学科アーカイブズ学専攻が発刊しました。希望者に頒布中(下記)。

 

第一部は、フランスのエコール・デ・シャルト(国立古文書学校)のブルーノ・デルマ教授とアメリカのテキサス大学オースティン校のデイビッド・グレイシー教授の講演及び菊池光興(国立公文書館館長 当時)・高埜利彦(アーカイブズ学専攻教授)・安藤正人(アーカイブズ学専攻教授)三氏の対談記録です。

第二部は、学習院大学アーカイブズ学専攻設置と開設後2年間の記録を掲載。

同学は、本書を足がかりにして、近い将来、アーカイブズ学に関する定期刊行物の出版を計画しています。(はしがきから一部編集)(文責 神谷)

 

 

『記録を守り 記憶を伝える』

―学習院大学大学院アーカイブズ学専攻記念誌―

編集・発行: 学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻

発行日: 2010331日初版

4版 102

希望者は返信用封筒(290円切手貼付)を送付。

記念誌刊行の紹介ページ: 

http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/05news.html#p33

アーカイブズ学専攻のページ: 

http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/

 

 

内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・はしがき

第Ⅰ部 アーカイブズとアーカイブズ学を語る

・フランスのアーカイブズとアーキビスト―1500年の歴史をたどる― 

ブルーノ・デルマ(牧野元紀訳)

・「アーキビストって早起き?」―アメリカにおけるアーカイブズ活動― 

デイビッド・B/グレイシーⅡ世(平野泉・筒井弥生訳)

・日本のアーカイブズとアーキビスト教育の未来 菊池光興・高埜利彦・安藤正人

第Ⅱ部 歩み始めたアーカイブズ学専攻

・アーカイブズ学専攻設置までの歩み

・専攻開設式の記録

・教育課程とカリキュラム

・専攻研究室の紹介

・アーカイブズ学専攻2年間の活動

・アーカイブズ実習

・さまざまな学外活動

・研究活動一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 『記録を守り 記憶を伝える』 学習院大学アーカイブズ学専攻が記念誌を刊行

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/149

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事