「資料を残す・未来に伝える―Library・Museum・Archivesをつなぐ」 東京大学経済学部資料室 開室記念シンポジウム開催

 shiryouwonokosu.jpg

東京大学経済学部資料室は、本年4月に学術交流棟に移転しました。開室を記念して下記のシンポジウムと施設見学会を開催します。事前申込制、参加費無料です。

 

 タイトル:開室記念シンポジウム「資料を残す・未来に伝える―LibraryMuseumArchivesをつなぐ」 

日 時:平成22730日(金) 13001700

会 場:東京大学大学院経済学研究科学技術交流棟(小島ホール)2

パネラー:

高山正也(国立公文書館館長)「公文書保存の現況と課題」

斧渕裕史(日本銀行金融研究所アーカイブ館長)「日本銀行金融研究所アーカイブの現況と課題」

佐野千絵(東京文化財研究所保存科学研究室長)「資料の保存環境―設計と管理」

矢野正隆(東京大学経済学部資料室特任研究員)「東京大学経済学部資料室の概要」

司会:

伊藤正直(東京大学経済学図書館長・経済学部資料室長)

 

シンポジウムに合わせて施設見学会も開催します。(シンポジウムのオプションです)

1回目 9401020

2回目 10301110

 

お申込み詳細は東京大学経済学図書館ニュースで:

http://www.lib.e.u-tokyo.ac.jp/news2/adiary.cgi/08

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「資料を残す・未来に伝える―Library・Museum・Archivesをつなぐ」 東京大学経済学部資料室 開室記念シンポジウム開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/150

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事