機関紙『専門図書館』241号が「資料保存・修復」を特集

sennmonntoshokann241.jpg

専門図書館協議会の発行する『専門図書館』241号(20105月)は「資料保存と修復」の特集です。保存や修復のノウハウだけでなく、予算やマンパワー、空間や時間、設備など限られた資源のもとで、どのように資料保存・修復を位置づけ、調査・計画・実行していくか、図書館が説明責任を果たしていくための戦略も含め、五つの事例を紹介しています。

 

「専門図書館協議会」 :

http://www.jsla.or.jp/

 

詳細は、機関紙『専門図書館』のページで :

http://www.jsla.or.jp/1/14/14-2.html

 

 

『専門図書館 241号』特集 : 資料保存・修復

ISBN978-4-582-21304-1

2010525日発行 

5判、59

専門図書館協議会 発行

http://www.jsla.or.jp/

頒価:2,240円 (年間予約 年6回 13,000円)

 

 

・・・・主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

資料保存 特集「資料保存・修復」にあたり ・・・・・・・1   

保存計画ツールの発展-UCバークレー図書館からの報告-

バークレー・オグデン、訳:安江明夫・・・・・・・・・・・・・2

 

国立国会図書館におけるIPM対策

-東京本館におけるカビ対策を中心に-中島 尚子・・・ 12

 

災害時における歴史資料保全活動とその方法

―歴史資料ネットワークの取り組み現場から― 

板垣 貴志、吉原 大志  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・21

 

和本を千年残すために-公開と保存のための基礎知識-

橋口侯之介  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・29

 

横浜開港資料館におけるマイクロフィルムの劣化調査報告

石崎 康子  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・38

 

談話室 談話室 第18回 アーカイブカフェ(日比谷公会堂) 

高木 和子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・43

 

ごぞんじですか?地方議会と議会図書室 

会員交流委員会地方議会図書室小委員会・・ ・・・・46

 

専門図書館を見る 東京文化会館音楽資料室 吉井由希子 ・・・50

資料紹介 日本の公文書 小川千代子・・・・・・・・・・54 

専門図書館協議会 事務局だより・・・・・・・・・・・・・・56

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(解説)

「保存計画ツールの発展-UCバークレー図書館からの報告-」は、2008年開催の情報保存研究会(JHK)シンポジウムで講演されたカリフォルニア大学バークレー校図書館のバークレー・オグデン保存部長の発表がもとになっています。

 

「国立国会図書館におけるIPM対策」は、国会図書館が2007年から取り組んでいるカビ対策を中心にしたIPM(Integrated Pest Management、総合的有害生物管理)活動の報告です。

 

「災害時における歴史資料保全活動とその方法」は、1995年に発生した阪神・淡路大震災をきっかけに組織されたボランティア団体「歴史資料ネットワーク」(史料ネット)による水損資料の救出方法が解説されています。

 

「和本を千年残すために-公開と保存のための基礎知識-」は、古書店店主による和本の取り扱い方やシバンムシ対策、簡単な修復技術などの紹介で、デジタル化することによる公開と原物保存の両立も訴えています。

 

「横浜開港資料館におけるマイクロフィルムの劣化調査報告」は、200910月の報告書「マイクロフィルムの劣化調査報告」(資料館報)に基づいて書かれたものです。(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 機関紙『専門図書館』241号が「資料保存・修復」を特集

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/139

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事