図書館員向け、第14回資料保存研修(関西館)と遠隔研修ポータルを国会図書館が募集開始。

siryouhozonkennshuu.jpg         enkakukennshuu.jpg

 

国立国会図書館は、公共・大学・専門図書館などの職員向けに資料保存研修と遠隔研修の参加者を募集開始しました。

 

1)    14回資料保存研修「あなたにもできる図書館資料の保護と補修-簡易補修、表紙と本体をつなぐ修理など-」(図書館員対象)

日時: 平成22715日(木)、716日(金) 10001630

場所:国立国会図書館関西館(京都府相楽郡精華町精華台8-1-3

定員:42名(各日21名)

締切:625日(金)

詳細は:http://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/1189131_1485.html

 

2)    遠隔研修ポータル(図書館員対象)

インターネット環境さえあれば、いつでもどこでも研修を受けられるシステムで、2006年から毎年開講しています。

 

本年度の講座は、「科学技術情報-概論-」資料電子化の基礎」「和書のさまざま」(前期 61日~930日まで開講)、「資料保存の基本的な考え方」「科学技術情報-科研費報告書・博士論文・規格-」(後期 111日~翌年228日まで開講)です。

 

「新ポータルサイトは青色を基調とし、これまでのものに比べ受講申請から講座受講までシームレスに遷移できるようにした。また、学習教材画面も大幅に変わり、より使いやすいシステムに生まれ変わりました。」(同サイトより転載)

 

詳細は:https://ndl.secure.force.com/

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 図書館員向け、第14回資料保存研修(関西館)と遠隔研修ポータルを国会図書館が募集開始。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/132

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事