「英国の図書館における資料保存の一側面」 徳田聖子

大学図書館研究 86号(2009.8)p2837より 

daigakutoshokannkenn.jpg

著者は筑波大学附属図書館情報管理課に勤務。20087月に英国図書館(BL)のコンサベーション施設British Library Centre for Conservation(BLCC)を訪問し、「書籍や紙資料の表面クリーニングの新手法」と題する5日間のワークショップに参加しました。

目的は、BLCCで行われているコンサベーション事業の実際を見ること、資料保存についての理解を深めること、マイクロソフト社との電子化プロジェクトについて原資料保存の観点から調査することなどです。

レストレーションやコンサベーションからプリザベーションへと変遷してきたIFLA(国際図書館連盟)の資料保存の原則の改訂の歴史をたどりながら、英国図書館の紙資料保存の実情を報告しています。

 

Microsoft 19th Century Book Digitization Project :

19世紀刊行の蔵書約10万冊のデジタル化は200812月にスキャン作業は終了していますが、マイクロソフト社がLive Book Searchと電子化事業から撤退したこともあり、公開方法を検討中とのこと。

 

British Library Centre for Conservation(BLCC) : http://www.bl.uk/conservation

 

『大学図書館研究』第86

2009831日発行 初版1,000

4判 132

財団法人 学術文献普及会

http://www2.ttcn.ne.jp/~a-sdi/

定価:3,570円(税込)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「英国の図書館における資料保存の一側面」 徳田聖子

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/111

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事