「歴史遺産としての古典資料の保存修復」 奈良県立図書情報館でワークショップ開催

 

001.jpg

 

フォルジャー・シェイクスピア図書館はアメリカ三大私立図書館の一つで、世界最大規模のシェイクスピアコレクションを誇る研究図書館です。今回のワークショップは、同図書館の修復室長フランク・モーリー氏を迎え、書物の実践的修復技術を披露します。同氏は書物修復界の世界的権威で、紙の欠損部分に繊維を流し込み修復する「リーフキャスティング」をデジタルカメラとパソコンを組み合わせたコンピュータ技術も開発しています。(案内チラシより抜粋)(通訳つき)

 

日 時:2009125日(土)・6日(日) 10001700

場 所:奈良県立図書情報館 http://www.library.pref.nara.jp/index.html

共催:

NPO法人書物の歴史と保存修復に関する研究会・奈良県立図書情報館、近畿大学中央図書館後援

参加費:

講演/会員1000円 非会員2000円 

ワークショップ/会員 3000円 非会員 5000円 

交流会/5000

申込締め切り:1120日(金)

  

125日(土) 定員200-----------------------------------------------------------

 

≪基調講演≫1000-1230

「フォルジャー・シェイクスピア図書館における書物修復とこれまでの修復家としての仕事」 

フランク・モーリー (フォルジャー・シェイクスピア図書館修復室長)

 

≪パネルディスカッション≫1400-1700

「図書館内における書物修復の位置づけと展望」

コーディネーター 鈴木英治(吉備国際大学 教授)

パネリスト:

フランク・モーリー

堤美智子(花園大学文学部日本史学科司書課程 教授)

近藤理恵(武蔵野美術大学 講師/製本書籍修復家)

指 昭博(神戸市外語大学総合文化 教授)

 

≪交流会≫1900-2030 (奈良ロイヤルホテル)

 

126日(日) 定員100-----------------------------------------------------------

 

≪ワークショップ≫1000-1700

ペーパースプリットやさまざまなリバッキングの紹介

講 師:フランク・モーリー

 

お申込み詳細: http://www.npobook.join-us.jp/activity/seminar/seminar.html#simpo09

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「歴史遺産としての古典資料の保存修復」 奈良県立図書情報館でワークショップ開催

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/100

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事