映画フィルムで初の重要文化財を公開

映画「紅葉狩」(1899年)を近代美術館フィルムセンターが上映

 

 

kaisetsu.jpg

映画「紅葉狩」は、東京国立近代美術館フィルムセンターで4/24(金)19005/3(日)16002回上映されます。同映画は、9代目市川団十郎と5代目尾上菊五郎らが出演した作品で、文化審議会が3/19に重要文化財に答申、この夏にも指定される予定です。現存する映画では、日本最古の作品です。(長さは6分程度)

オリジナルは可燃性フィルムのため、不燃性フィルムに焼きつけ修整したものを上映します。フィルムセンター「発掘された映画たち2009」(44本の貴重な映画を上映)の企画の一環です。(文責 神谷)

 

詳しくは : http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/2009-5A/kaisetsu.html#list

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 映画フィルムで初の重要文化財を公開

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/71

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事