サイズがバラバラの文書を整理。

公文書館の保存箱入れ替え作業

 

okinawapref.jpg

沖縄県公文書館サイトの公文書館通信に載っています。

http://www.archives.pref.okinawa.jp/news/business_diary/4479

公文書館では、1月に、所蔵する琉球政府文書約1,000箱分を従来の段ボール箱から中性紙段ボール箱に入れ替えました。今までは、一箱の重量が20kg近くあり、書架の上段にあったため、取扱いに支障が出ていたためです。

新しい箱は蓋と身がつながった形式(夫婦箱=めおとばこ、クラムシェルボックスなどという)で、サイズは、資料の大きさに合わせ3種類、重さも従来の2分の1から6分の1になりました。文書は、アメリカサイズのものもあり、厚みや大きさがマチマチだったため、資料の保護も考え縦置きから平置きに変更しました。(文責 神谷)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: サイズがバラバラの文書を整理。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/63

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事