記録映画、保存・活用の取り組み

2/14(土)にシンポジウム「岩波映画の1億フレーム」開催

 

iwanamisympo.jpg 

 

戦後の日本を代表する「岩波映画製作所」の作品群が、日立製作所等から東京大学・東京藝術大学に寄贈されることになりました。1950年から1998年までの約4,000本で、コマ数にして1億フレームに達するそうです。散逸や消失の危機にある記録映画をどのように保存・活用していくかという先駆的な取り組みのモデルケースになります。

 

シンポジウムでは、岩波映画の研究・教育の可能性と寄贈の経緯や保存環境、映像アーカイブ実現への課題などが発表されます。

入場無料、サイトからの事前登録制です。定員180名。

 

問い合わせ、申込みは記録映画アーカイブプロジェクトへ :

http://www.kirokueiga-archive.com/event/index.html

 

■シンポジウム概要

日時:2009 214 日(土)13301800(開場1300

場所:東京大学大学院情報学環・福武ホールB2F福武ラーニングシアター

主催:東京大学大学院情報学環 東京藝術大学大学院映像研究科

共催:記録映画保存センター

後援:文部科学省21世紀COEプログラム「次世代ユビキタス情報社会基盤の形成」

 

(プログラム)

開演・挨拶 吉見俊哉(東京大学大学院情報学環学環長)  13:30  

I部 岩波映画の可能性を見る 13:4015:40

パネリスト 羽仁進(映画監督)、中村秀之(立教大学)、鳥羽耕史(徳島大学)

コーディネーター  筒井武文(東京芸術大学)

II部 開かれたアーカイブに向けて  16:0017:30

パネリスト 桂英史(東京芸術大学)、とちぎあきら(東京国立近代美術館フィルムセンター)、

藤岡朝子(山形国際ドキュメンタリー映画祭東京事務局)

コーディネーター  丹羽美之(東京大学) 

閉会・挨拶 藤幡正樹(東京芸術大学大学院映像研究科長) 17:30

(文責 神谷)

| | コメント(0) | トラックバック(1)

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 記録映画、保存・活用の取り組み

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/54

何気なくネット見ていたら映画の関連する記事を見つけました。私もコレ見て参考にし... 続きを読む

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事