「アーキビスト教育のいま-この一年の動きを踏まえて-」

(研究会案内) 

217日(火)に国文学研究資料館にて全史料協・企業史料協の合同研究会開催

 

kokubunken.jpg

国文学研究資料館外観

   日 時 : 2009217日(火) 13301650(受付開始1300

場 所 : 人間文化研究機構 国文学研究資料館

190-0014 東京都立川市緑町10-3 TEL 050-5533-2900(代表)

多摩都市モノレール 高松駅から徒歩7

アクセス地図 : http://www.nijl.ac.jp/~koen/tizu.htm

国文学研究資料館 : http://www.nijl.ac.jp/

参加費:無料(懇親会は会費制)

 

テーマ : 「アーキビスト教育のいま-この一年の動きを踏まえて-

報告1「日本のアーカイブズ制度と大学院教育」 高埜利彦

(学習院大学文学部長・史学科教授)

報告2「日本のアーカイブズ学教育における大学共同利用機関の位置(仮題)」

渡辺浩一(人間文化研究機構 国文学研究資料館アーカイブズ研究系・総合研究大学院大学文化科学研究科教授)

質疑応答・バックヤード見学会・懇親会など。

 

昨年4月に、国内初のアーカイブズ学専攻の大学院教育課程が学習院大学でスタートしました。  

文書管理法(仮称)の立法化や文書管理の専門家育成などが話題となったこの一年の動向を踏まえながら、社会と組織から必要とされるアーキビスト像や教育・研修・養成体制、資格制度などのあり方についての報告と意見交換会を開催します。報告会終了後に、昨年4月に移転・新設された国文学研究資料館のバックヤード見学も行います。(非会員の参加も可)

 

お申し込み・お問い合わせは、

全史料協関東部会 : http://www.edu.gunma-u.ac.jp/~shozawa/zkkennew.html

企業史料協議会 : http://www.baa.gr.jp/files/03.html

(文責 神谷) 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「アーキビスト教育のいま-この一年の動きを踏まえて-」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/50

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事