災害とどう向き合うか

1月28日、東京大学東洋文化研究所が「災害と資料保全活動」の講演会開催。

 

tobunkenchirashi.jpg 

 

東京大学東洋文化研究所(東文研)が「災害と資料保全活動」をテーマに、第4回アジア古籍保全講演会を開催します。

地震や水害は、ひとたび発生すると大量の資料が失われてしまいます。災害への取り組みを、3人の専門家が講演。あわせて、東文研の建物の耐震補強工事と蔵書移転作業の報告があります。

 

■講演会

日 時 : 2009年1月28日(水)10:00~16:30

場 所 : 東京大学本郷キャンパス・薬学系研究科総合研究棟2階講堂

 

内 容 :

 

・開会挨拶 関本照夫 (東洋文化研究所所長)

・災害と資料保存内田俊秀 (京都造形芸術大学芸術学部教授)

・震災時の資料収集と情報発信-「震災文庫」の挑戦-稲葉洋子 

(大阪大学附属図書館利用支援課長)

・必要な、複合災害対応型の「資料保存」 -インドネシア・スマトラ沖大津波災害事例から学ぶ-坂本 勇 (ペーパー・コンサバター/駿河台大学非常勤講師)

・東洋文化研究所図書室の資料移転と保全活動 東洋文化研究所図書室

・総合討論

お申込みは下記へ:

http://institute.ioc.u-tokyo.ac.jp/~library/news/asia_lec_no4.html

 

東文研は、アジアを中心に北アフリカまでも含む範囲を研究。図書室は、アジア諸地域の政治・経済・歴史・文学・芸術・宗教などさまざまな分野の図書・雑誌65万冊以上を所蔵しています。

 

アジア古籍保全講演会は、今回で4回目。過去の記録はウェブで読むことができます。

過去の開催記録 : http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/

研究所のトップページ→図書室→「アジア古籍保全講演会」に過去3回の記録を掲載。

さらに詳しい内容は、pdfファイルで同ページの「アジア古籍保全講演会記録集」に。

(文責 神谷)

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 災害とどう向き合うか

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/45

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事