全史料協 関東部会9月例会

関東甲信越における各資料保存協議会の活動状況報告・意見交換

全史料協(全国歴史資料保存利用機関連絡協議会)の関東部会は、2008930日に群馬県立文書館にて上記の例会(第248回)を開催しました。筆者(神谷)がレポートします。

 

 

kouenkai.jpg

 

報告会では、7の協議会が現状と課題を発表しました。それぞれの会の発足年は、1974年の埼玉県や1996年の長野県などさまざまです。多くは市町村史編さんの連絡協議会から始まっています。協議会の会員数は、埼玉県の63が最大で、茨城県の12が最少になります。発足時とくらべると、大半の県で会員数が減少しています。(7県の平均では66%に) 原因は、市町村の合併による減少や自治体史の編さんが一段落したこと、財政が厳しくなったことなどによるものです。

各協議会の活動は、年一回の総会と定期的な研修会や講演会、会報の発行などです。

 近年のテーマでは、公文書の収集・整理・保存・活用が共通課題ですが、個人情報保護や災害対策、公文書等選別収集基準ガイドラインの策定、デジタル映像画像の保存など多岐にわたっています。

 

市町村の合併による公文書の大量廃棄は、すべての県で報告が上がっていないということでした。総務省の通達「市町村合併時における公文書等の保存について(要請)」(2002年)の効果もあったと思われますが、建物が残っている(置き場所があった)ために廃棄されなかったのも大きな要因です。

ただし、合併後の旧町村資料は未整理状態で、課題を残しています。(文責 神谷)

 

茨城県、神奈川県、群馬県、埼玉県、千葉県、長野県、新潟県

 

各資料保存協議会が一堂に集まって報告・意見交換を実施したのは、19846月の第一回例会以来初の試みです。

関東部会は、定期的に研究会を開き、会員をはじめ資料保存に関心を持つ人たちが集まり、資料保存、文書館、文書などについて、理解を深めるとともに、意見交換をしています。

 

関東部会月例会のページ : http://www.edu.gunma-u.ac.jp/~shozawa/zkgetken.html

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 全史料協 関東部会9月例会

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/31

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事