記録を伝える

開館して8カ月の長野市公文書館

 

0885日に全史料協関東部会が定例研究会を長野市公文書館で開催しました。公文書館の概要などをレポートします。

 

koubunshokanzenkei.JPG■公文書館概要

長野市公文書館(写真1)は、善光寺に隣接する城山公園内に、もとNHK長野放送局の建物を利用して071120日に設置されました。周辺には、少年科学センターや動物園、長野県信濃美術館などがあります。全国の地方自治体で51番目、県内では県立歴史館、松本市文書館に次いで3番目の公文書館になります。1991年に市誌編さん事業を開始し、03年に「公文書館の整備」を提言、07年に開館しました。

 

 

 組織上では、公文書館は総務部庶務課の情報管理室に属しています。施設総面積は約407㎡で、職員は正規2名と嘱託9名の計11名。業務分担は、専門主事(嘱託4人)が資料選別・収集・整理・利用案内・調査研究・普及などで、補助員(嘱託4人)が、資料整理・利用受け付けなどとなっています。所蔵資料は、古文6,783点、公文書12,288点を含む65,564点です。定期刊行物『市誌研究ながの』を年に1回発行しています。

 

                           ■収集・整理

hotikisu.JPG公文書は、「市役所文書」と(長野市と合併した)旧市町村役場の「旧役場文書」に分かれます。市役所文書は、第二次大戦前の資料が1965年の庁舎移転に伴い処分されており、863点と少ないですが、旧役場文書は約1万点あります。これらの資料は、燻蒸後にホコリ払いとホチキス取りをします(写真2)。(写真3は、取り外した大量のホチキスコレクション) 解体した文書は、コヨリで留めて、劣化の進みやすい青焼きや感熱紙などはコピーし綴じなおします。旧役場文書は、一点ずつ中性紙ボードで箱を作り、表題と資料番号をプリンタで印字しています(写真4)。

 

 

 

hotikisukorekushon.JPG hozonbako.JPG

 

古文書はマイクロフィルムに撮影し、紙に焼いて利用してもらっています。書庫は温湿度管理が十分ではないため、マイクロフィルム(PETベース)は館内でも比較的安定したスペースを見つけて収蔵しています(写真5 中性紙保存箱に入ったマイクロフィルム)。

maikuro.JPG 

 

■今後の課題

書庫スペースが不足していることや、館が組織として機能する体制、本庁の公文書を収集する仕組み作りなどが課題です。対外的には、市職員や市民への公文書館の周知や一日2名程度の利用者をさらに増やすことなども今後のテーマです。資料の整理では、わかりやすい資料目録の作成や原本の簡便な保存修復、紙資料の複製・デジタル化なども検討課題になっています。(神谷)

 

 

長野市公文書館:〒380-0801 長野県長野市箱清水1-3-8 長野市城山分室内

TEL 026-232-8050   FAX 026-232-8051

URL

http://www.city.nagano.nagano.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=11817

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 記録を伝える

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/22

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事