古文書保存・整理の入門書

『古文書保存・整理の手引き』刊行

 

komonjohozn.JPG 新潟県歴史資料保存活用連絡協議会(略称 新史料協)は、市町村などの職場異動により、初めて  古文書に触れる方々に向けて、入門書『古文書保存・整理の手引き』を刊行しました。古文書担当者は、くずし字が読めたり、歴史的な知識を持っていなければならないというイメージがありますが、この本は、まったくの初心者にもわかるように平易な言葉で書かれています。

 

本の構成は、下記の通りです。

1章「古文書に触れてみる」

2章「古文書をより良い状態で後世に残すために-保存なくして利用なし-

3章「古文書を読んで利用できるようになる」

4章「災害から古文書を守る」

5章「困ったときの一問一答」

終章「古文書の保存整理と地域・行政」

 

 

本書は、古文書とは何か?にはじまって、保存・整理方法のノウハウやくずし字の読み方などを丁寧に解説しています。第4章の「災害から古文書を守る」では、0410月の中越地震と077月の中越沖地震での経験も盛り込まれています。第5章の一問一答は、「古文書借用のトラブルを防ぐにはどうしたらよいですか」「古文書の整理には、どんな道具が必要ですか」・・・など、現場ならではの質疑応答を88項目取り上げ、実践的な内容になっています。(神谷)

「新任職員研修にも使えるよう、職場で役に立つ内容にしました」(新史料協 古文書作業部会座長、新潟市歴史博物館 学芸課 長谷川伸氏談)

 

 

『古文書保存・整理の手引き』

4版、90

発行日:2008331

初 版:800

編 集:新潟県歴史資料保存活用連絡協議会 古文書作業部会

発 行:新潟県歴史資料保存活用連絡協議会

定 価:800円(税込)

購入は、新潟県歴史資料保存活用連絡協議会へ

http://www.lalanet.gr.jp/npa/shinshiryoukyou2/shinshikeijiban.html

 

古文書の保存・整理に関する参考文献は、ほかにも下記のハンドブックがある。

地域文書館の設立に向けて3 『諸家文書の収集と整理』

史料の収集、受け入れ手続きや整理方法の実際を解説。

6判、197

発行日:1992331

地域文書館の設立に向けて4 『地域史料の保存と管理』

地域史料とは何か?をはじめ、文書館施設や設備、史料の管理・保存対策などを解説。

6判、185

発行日:1994331

編集・発行は、埼玉県地域史料保存活用連絡協議会(埼史協)。

問い合わせ先は、埼史協(〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂4-3-18 埼玉県立文書館内 TEL 048-865-0112 FAX 048-839-0539

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 古文書保存・整理の入門書

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/18

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事